破格の値段が嬉しいPB|仕組みを知っておこう

主婦
女性

コンビニ商品を上手く活用

コンビニの商品は高価格という印象がありますが、上手く活用することも出来ます。スーパーと同系列のコンビニでは、同じPB商品が低価格で売られています。パウチ加工された食材を上手く利用すれば、忙しい時でも安心です。また高級スーパーでもPBが売られており、普段は敷居が高く手が出ない商品を試すことが出来ます。

小売店が独自に企画製造

レディ

低価格だけが売りではない

PB、プライベートブランドは、スーパーやコンビニなどの小売店が、メーカー側に企画商品を持ち込んで、製造・商品化しているものです。安さが売りで、消費者側には嬉しい商品として知られています。これは店側が企画することで、消費者ニーズに合わせて商品を作ることが可能で、直に製造を頼むことで卸売業者などを通さず費用を抑えることが出来るためです。特定のブランドにこだわりがない商品などは、こうしたPB商品は値段も安く、使い勝手も悪くないということで人気となっています。また、PB商品は低価格を売りにしているために、パッケージなどもシンプルなものが多く見られます。印刷コストやパッケージそのもののコストを下げるために、過剰な印刷はせず、とてもシンプルなデザインに仕上がっています。商品を伝えるインパクトは薄くなりますが、逆にインテリアをシンプルにまとめている人たちには喜ばれている商品なのです。食品に関してもこうしたシンプルパッケージは取り入れられていますが、食品に関して言えば、パッケージデザインは美味しそうに見えるかも重要な要素です。しかしシンプルデザインであるために、興味を引き付ける力が他のブランド商品より弱くなってしまいます。それを補うために、素材の良さを生かした製法であったり、余分なものを加えていないなど、独自のアピール方法でPB商品の良さを伝えています。最近では、低価格にこだわらない、高い付加価値をつけたPB商品も多く開発されるようになりました。それほど、PB商品の認知度は高まり、消費者に受け入れられているのです。

男女

需要が高まっています

PBはプライベートブランドの略称であり、各企業が自社で開発や製造を行っている商品につけられています。製造はメーカーに委託されている場合も多く、質の高いものを低価格で販売することができるのが魅力です。食品だけでなく、衣類や日常の生活雑貨にいたるまで幅広いのが特徴です。

スーパー

企業努力のたまもの

PBはプライベートブランドの略語で、当初大手スーパーや小売店が独自に販売していましたが、今ではコンビニエンスストアでも展開しています。ほとんど同じ品質の商品を有名企業よりも安価で購入することができ、人気が高まっています。