破格の値段が嬉しいPB|仕組みを知っておこう

家族

企業努力のたまもの

スーパー

安かろう悪かろうではない

最近、スーパーや小売店でPBという言葉を耳にします。PBとはプライベートブランドの略で、小売店と卸業者などが共同で企画や開発をした商品で、大手のスーパーなどでブランドの名前として定着しています。PBはすでにある企業の商品のよさを生かし、商品開発から宣伝・販売まで一手に販売企業が行う事でよりよい商品が今まで販売されているものよりも安価で販売することができるという大きなメリットがあります。薬のジェネリック医薬品と少し似ているところがあります。例えばチョコレートは大手企業がそれぞれブランドを立ち上げ販売していますが、味を損なわずパッケージなどで低コスト化を図ったり、大量生産することにより同じチョコレートでもより安価に販売することができます。PBの大きなメリットは他にもあり、第一に販売店が最初から決まっているのでロスなく一定した価格と数量を卸すことが可能になります。販売コストを抑えることで利益を生みやすく、そのため購入者に安価に提供できる仕組みです。そのブランドが売れることでブランド力が付き、販売している企業側にとっても宣伝効果がありメリットがあります。同じ商品が有名企業のものではないと不安に思っている購入者もいますが、有名企業とタイアップしたり、販売企業やスーパー自体が大手なのでPBは受け入れられ、今では有名企業にひけをとらない売上をもたらしています。PB商品はその企業が製品のよさを生かしつつ低コストを実現した企業努力のたまものです。